積みゲーを崩す記録

ゲームしたり文章書いたりもの作ったりする人のブログ

キングダムハーツrecom感想②

キングダムハーツrecom後半。
次はミニゲームの集まりのようなプーさんワールドに行きます。早速プーさんの家で暴れるソラ。ツボやら壊すといくら(モーグリポイントのこと)とかアイテム拾えるので。なかなかの悪行なのでプーさんじゃなきゃキレてる。

続きを読む

キングダムハーツrecom感想①

キングダムハーツのりチェインオブメモリー(recom)することに。1と2のあいだにある番外編のようなものです。
前作を忘れないうちにやらないと。とはいえオープニングムービーでこれまでのあらすじをやってくれます。宇多田ヒカルはやっぱすげぇなとキングダムハーツ見るたび思う。

内容はアクションカードゲームというのでしょうか。行動は手持ちカードで決まるけどターン制ではない。好きな時に色んな数字や種類のカードを出す=行動となる。相手より大きい数のカードじゃないと攻撃が通らないしカードには限りがあるし相手の攻撃避けたりしなくてはならない。なにそのどんくさい私が詰むシステム。
つまりカードバトルしながらリアルバトルするってことですか。カードバトルアニメの主人公だってそんな事しないと思う。
なによりドナルドやグーフィーはいるけどカードがないと戦ってくれない。召喚みたいな扱い。仲間がいるゲームなら私の操作がへっぽこでもなんとかなるものなのに。仲間ってなんだよ、いつでも一緒に戦ってくれよ。
これ、クリアできるんだろうか不安。番外編だからクリアできなくても本編ストーリーには支障ないだろうけど。(と思ったら結構必要そうな番外編)
ちなみにビギナーモードでやってるけど雑魚戦で何度か瀕死になった。詰みそう。


忘却の城という怪しげな城にリクや王様がいるのではと入り込んだ一行。もっと確認したらどうか。そこは何かを思い出したり忘れたりする場所らしく、ソラの記憶のトラヴァースタウンへ。
ワールド内の行き先もカードが必要なようです。このへんはいいと思う。
しかし次は好きな世界を選んでいいとのことで、前作では序盤だったワンダーランドを選びました。そしたらさっそく詰んだ。トランプ兵やばい。平気で7出す。
ボスもテーブルに登ってやっと勝てる数字の時に攻撃しなきゃいけないけど、テーブルひっこめられる。テーブルを新たに出すにはミッキーカードを出さなくてはならない。きつい。せっかく覚えたスキルも当たらないし。何度もやってようやく勝てました。
初心者はアグラバー(アラジン)からやれって後で知った。本編で言っといてくれ。経験値よりもカードが大事なのだなこのゲーム。


次こそはアグラバー。このワールドにはモーグリショップというのがあって、ようやくモーグリのお店を作ってカードを買えます。というか、なぜワンダーランドにだけモーグリショップがないのか。進出してないのか。
いやほんとこういうのはもっと序盤に用意しておいてほしい。ずっとカードは拾うしかないものかと思ってた。パックのおかげでカードはいっぱい入手できたけどCP(カードをデッキに組み込むための数字上限)が足りない。でも雑魚戦も楽になってきた。ワンダーランドなんてザコもきつくて勝てるカードないからひたすらストック攻撃してカードが尽きたし。
ゲスト参戦キャラであるアラジンもいいかんじ。自ら敵に向かってくれるのがありがたい。グーフィはうまいことソラを操縦しないと当たらないので。
ボスは鳥を狙う。ただ、形変わる土台でうまく逃げられればいいけどそうは行かないことが多い。よし今鳥を狙おうと思ったら高低差あったり。なんでキングダムハーツのボスはこうストレスたまる倒し方をしなくてはならないのか。アクションゲーム得意な人ならこれは爽快なんだろうか。『この時しか攻撃が当たらない』は嫌だな。『こうすれば攻撃が通りやすい』なら楽しいと思うんだけど。


その次はモンストロ。クジラの中です。
モーグリショップのおかげでかなり強くなりました。今ならお小遣いを握りしめてカードショップに行きぎりぎりまでつぎ込む小学生男子の気持ちがよくわかる。戦力だもん。当たり外れはあってもそれでデッキが劇的に強くなる可能性がわずかでもあるならつぎ込むよね。テクニックがあればそんなギャンブルはしないですむけど、こちとらテクニックなんてないので。そういう人のためのカード購入です。初回来店でカードくれるんだから手厚いサービス。
雑魚戦は開幕早々シンバで削って高数字で戦うといういい流れができてます。
ここのボスは胃液がやばかったけど高数字ケアル増やしてなんとかなった。


次はハロウィン。キャラカードの絵がハロウィン仕様になるからどのカードなのかとっさに判断できない。このあたりからまた厳しくなってきました。
ここでプレイに長期的な間が空いてしまってやり方を忘れる。ストーリーについては忘れても問題ない。だってこのゲーム通してやってもストーリー理解しきれないし。なんとなくはわかるけど説明しろと言われたら困るストーリーなのがキングダムハーツ


オリンピアではクラウドが強かったです。魔法無してひたすらぶん殴ってストックするとあっさり勝てたけど。ハデスはブリザド。ラクシーヌはストックに頼りすぎて(ストック使用したカードは回復しないのを忘れていた)やばかったけどなんとか勝てた。

次はアトランティカ。前作のキメラ的なタコドナルドと亀グーフィーを見ることはなくてほっとしました。なんだか人面犬的なものみたいでちょっと苦手だったので。元のキャラ姿だって犬面人間みたいなもんだけど、それはもう生まれた時から見てきたから平気。
終盤参戦してくれるアリエルが強いです。なのでボスもなんとか。その後のリクはまさか槍グーフィー(ソラとドナルドでグーフィーを槍のようにもって突っ込むこと。いつ覚えたのか覚えていない)で倒してしまった。絵面か愉快。

 

 

コーナーに取り上げられたので真面目に考えてみたりする

ありがたいことにカクヨム内の公式レビューのコーナーに取り上げられました。
https://kakuyomu.jp/features/1177354054889992272
『学校に行こう!』というテーマの3つ目です。
なんか急にすごいレビューが来たと思ったら毎週やってるコーナーのやつでびっくりした。書いてる私より物語を理解しているようなレビューでした。
小説本体はこちら→https://kakuyomu.jp/works/1177354054886425024
『六年零組の特別課題』。クラスを追い出された子達が各自特技を活かして問題解決するお話です。つばさ文庫に応募した期間が過ぎたので、十万字以降も更新してってます。

続きを読む

鉄分ジュース飲み比べ

鉄分入りジュースについて書きます。前ブログで書こうとした記事がタイミング悪くて出せずにメクるに書いたけど、それに付け足したような内容です。体は動くけどなんか不調、ってのはまずは自覚し食事を見直すのがいいと思います。他人は絶対気付かないし理解もしないので、自分だけでも理解するのが一番。

続きを読む

龍が如く感想②

龍が如く一作目感想続き。
なんだか桐生さんが周囲の人達を助けまくる展開です。まぁ、前からサブイベントで人助けはやたらとしてたけどメインストーリーでまでも。

続きを読む

龍が如く感想①

龍が如く始めました。この間キムタクが如く(こっちのが覚えやすくて真のタイトルが入ってこない)の体験版をやったりしてちょっと気になったので。
ヤクザをテーマにしたゲームだからどこまで理解できるのか。元弁護士で探偵なキムタクからはじめた方がいいかもと思いつつ、1&2があったので龍の方を選択。
でも問題は私のヤクザ理解力より、リアルな繁華街の地理かもしれない。私はペルソナ5の渋谷駅乗り換えで迷った程だから。

続きを読む

刀剣乱舞 文久土佐藩感想

(なんでか投稿がうまくいかなかったのでやり直し)
特命調査で今度は文久土佐藩と聞いてまた頑張ってます。ヒーラー白山吉光を被害最小限でゲットしたり最近何かと調子が良いしサイコロも5や6が出る。なんなのこの無駄な運の良さ。死ぬの?
以下ネタバレあるかもしれない男女カップル脳が書いた感想注意。

続きを読む